株式会社アカツキ
ATHLETA
株式会社ミロク情報サービス
日本瓦斯株式会社
BRI
株式会社イーグランド
株式会社グッドコムアセット

NEWSニュース

2020.10.27 クラブ ベレーザ

WEリーグ岡島喜久子チェア来訪

本日10月27日(火)、WEリーグ(一般社団法人日本女子プロサッカーリーグ)の岡島喜久子チェアが、弊クラブのホームタウンである稲城市に来訪し、髙橋勝浩市長を表敬訪問されました。

 

その後、弊クラブ施設を視察され、羽生英之代表取締役社長にリーグ参入決定通知書をお渡しいただきました。

クラブハウスでの会談後にはグラウンドで選手たちにもご挨拶いただき、参入のご報告をいただきました。

 

■コメント要旨

岡島喜久子 チェア

「各参入クラブには新しいスポンサーを探していただき、予算を組んでいただくことになります。私たちとしては、約1000人くらいの(なでしこリーグの)観客動員を5000人まで上げていきたいと思っています。1年目、2年目の初期費用がかかる間は、スポンサー企業のお力を借りないといけなくなると思います。クラブ独自に探していただくことにはなるのですが、全クラブの地元の商工会議所に私がお伺いして協力を仰ぎたいと考えています。参入クラブをサポートしてくださる企業があれば、クラブと一緒にお伺いして、WEリーグをサポートする意義がどういうところにあるのかを説明し、クラブへのスポンサードを私からもお願いさせていただきます。

 

女性が活躍する社会の実現を牽引する、WEリーガーを子どもたちの夢の職業にするといった理念を各クラブが追求することになりますが、その実現のためのサポートをリーグとして実施したいと思います。そのためには、リーグそのものがスポンサーを見つけることにもなりますが、各クラブがスポンサーを見つけるお手伝いをしたいと考えております。支えていただける企業の女性社員が、自分の会社がWEリーグをサポートしているのだから私たちも活躍しようという気持ちを持っていただけるようになりたいと思います。

 

前回のワールドカップでベスト8に入ったチームのうちアメリカ以外はすべてヨーロッパの国でしたが、そのほとんどが女子サッカーのプロリーグが行われています。ここでプロリーグを作り、プロでプレーする選手を自国で作らない限り、ワールドカップで再び優勝するのは難しいと思います。もちろん選手の意識が変わることが前提ですが、リーグからも働きかけて、選手たちの意識を変えていきたいと思います。

 

技術の部分は各クラブにお任せしますが、なるべく各クラブに外国籍選手しかもFIFWランキングで日本より上位の国の選手を入れてほしいと思っています。アジアの女子サッカーも盛り上げていきたいので、ASEANの選手も積極的に獲得してほしいとお願いしたいと思います。アメリカやヨーロッパもそうですが、身体能力の高いアフリカの選手にもプレーしてもらえることで、リーグのレベルが上がりますし、なでしこジャパンのレベルアップにもつながると思います」

 

髙橋勝浩 稲城市市長

「この度は女子プロリーグができるということで、大変楽しみにしておりました。ベレーザは素晴らしい成績を上げていて、参入が決まったことで、ベレーザここにありということをあらためて知らしめることができたと思います。プロ化にあたって期待していたことが現実になって非常に嬉しく思っております。まずはプロリーグ化が大成功になると良いなと思います。

 

私も日本サッカーを応援する自治体連盟に入っておりまして、だいぶ加盟する自治体が増えてきて年に1回の総会でJFAハウスにお邪魔しています。少しでも賛同者を増やしていき、WEリーグもスタジアムが賑わうと良いなと思います。

 

稲城市としては私が市長になって今年で10年目なんですが、就任してからスポーツ推進課、企画課のほうにそれぞれ東京ヴェルディ支援推進担当という肩書で主査を置いて定期的な企画会議を開いています。最終的にはいかにサポーターを増やすかということと、スタジアムに観客動員をいかにして増やすかということをやっています。ベレーザを盛り上げるために、今後はWEリーグを盛り上げるために、頑張れるだけ頑張っていきたいと思っています。これからもより一層、ベレーザの応援を頑張っていきたいたいと思っております。ぜひバックアップしていきますので、頑張ってください」

 

羽生英之 代表取締役社長

「参入チームの発表時の会見の報道などを見ても、まだまだ色々なことをやってWEリーグを盛り上げていかないといけないと思います。私が見ていると、今の世の中を盛り上げたことは3つあるんです。まずは将棋の藤井聡太君。次にNiziUというアイドルグループがあります。オーディションの段階からメディアミックスをして、様々な媒体で盛り上がりました。まだプレデビューの段階にも関わらず、すでにすごい人気になっています。あとは鬼滅の刃ですね。NiziUはプロデューサーの言葉が素晴らしくて、経営者から若者まで幅広い層の心をとらえています。鬼滅の刃も登場人物のフレーズが非常にいいですよね。

 

それぞれ盛り上がっている理由は何かを勉強しないといけないと思いますし、有料映像配信サービスやYouTubeなどのSNSをはじめ、各メディアを上手く活用して情報を発信していかなければいけないと感じています。例えば、鬼滅の刃はサイドストーリーもしっかりしています。ファンを増やしていくには、女性アスリートそれぞれが持っているストーリーを広く知ってもらうことが大事だと思います。メディアミックスを活用してリーグやクラブが発信していくことはもちろん、SNSを含めて選手からの発信も重要です。我々は全選手に自分やチームのことを積極的に発信してもらいます。プロである以上は、ファンが増えないと自分自身の給料も増えないわけです。そうした意識も我々は選手たちに教えていきたいと思います。

 

まっとうなことだけをやっていても誰も話を聞いてくれません。“変なこと”をやらないと注目されないんです。まずは注目をしてもらうことが大事で、その上で底辺にはリーグが掲げている理念があり、そこに行きつくためにやることが必要だと話をすることで、あらためて理念を広く浸透させることができます。有名人のサポーターやミュージシャンのテーマソングなど、Jリーグも立ち上げる際には様々なことを実施しました。特に開幕戦は注目を浴びるような豪華なイベントを実施して、華々しい開幕で注目されたいですよね。そこに対して我々ができることがあれば、なんでもお手伝いしたいと思います」

 

■特設WEBページで情報発信中!

WEリーグ開幕までのカウントダウンとして、特設WEBページ『WE ARE BELEZA』を公開し、クラブ公式WEBサイトでの情報発信の他に、新リーグ開幕に向けた様々な情報や企画を掲載します。

https://www.beleza.verdy.co.jp/

 

■WEリーグ(Women Empowerment League)について

「女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する」ことを理念としており、この名称にはWEリーグの誕生によってこれまでなかった“女子プロサッカー選手”という職業が確立され、リーグを核に関わるわたしたちみんな(WE)が主人公として活躍する社会を目指す、という思いが込められています。

 

法人名称: 一般社団法人日本女子プロサッカーリーグ (英語表記)Japan Women’s Empowerment Professional Football League

リーグ参入チーム数:11チーム

所在地:東京都文京区本郷 3-10-15 JFAハウス

代表理事(チェア):岡島喜久子

設立日: 2020年7月1日

URL:https://www.jfa.jp/women/we_league/

新リーグ理念:女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する。