日本瓦斯株式会社
ATHLETA
セガサミーホールディングス株式会社
株式会社ミロク情報サービス
株式会社イーグランド

NEWSニュース

2017.07.02 トップ イベント

東京ヴェルディの選手が熊本県御船町でサッカー教室を行いました

ロアッソ熊本との試合から一夜明けた本日2日(日)、試合メンバーとして遠征に参加している選手たちが、
熊本県御船町の小中学生を対象に、御船中学校のグラウンドで『東京ヴェルディサッカー教室in熊本県御船町』を行いました。

今回のサッカー教室は、昨年の震災に見舞われた地域の子どもたちに、
サッカーを通じて笑顔になってもらいたいという選手たちの想いから開催することが決まりました。

サッカー教室の前には、本田副町長から参加者に激励の言葉を、
また選手たちには復興支援としての選手たちの取り組みに感謝の言葉をちょうだいしました。

19657338_1462990990424041_8226538241097408786_n_s.jpg

今日の熊本は好天に恵まれ、町内の小中学生約70名が参加。
自分たちの前に並んだ選手たちを前に、最初はやや緊張した面持ちをしていた子どもたちですが、
一緒にボールを追ううちに徐々に打ち解けていき、ミニゲームでは円陣を組んで気合を入れる様子も見られました。

19598705_1462991923757281_51669134302512506_n_s.jpg 19657456_1462991633757310_3553197467371914650_n_s.jpg

今回は東京ヴェルディサッカースクールの松本哲男スクールマスターと安斎将人コーチが進行を務め、
選手たちは子どもたちのグループに入って、一人ひとりとしっかりとコミュニケーションをとりながら進んでいきました。

サッカー教室後には各選手の前に子どもたちが集まり、ところどころで即席サイン会を実施。
帰り際には多忙な中で時間を作って駆けつけていただいた藤木町長からも、
今回のサッカー教室に対する感謝の言葉をいただき、また震災後の御船町の現状についてもお話しいただきました。

帰り際のバスの車窓からは、仮設住宅が並んでいるところも見られ、震災から1年以上が経過し、
なかなか報道されない復興半ばの被災地の現状を痛感させられました。

東京ヴェルディは今後も、選手会と協力しながら様々な活動を行っていきます。
今回のサッカー教室の実現にご尽力いただきました、御船町役場の皆様、熊本県サッカー協会の皆様、
そして参加いただいたサッカー少年少女、保護者の皆様にあらためて感謝いたします。