日本瓦斯株式会社
ATHLETA
セガサミーホールディングス株式会社
株式会社ミロク情報サービス
株式会社イーグランド

NEWSニュース

2016.01.01 クラブ

2016年新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

日頃から、東京ヴェルディ並びに日テレ・ベレーザを応援していただき、
誠にありがとうございます。

我々は今年、これまでの経営基盤を整える段階から脱し、
ビッグクラブへ成長していくために次の段階へと歩みを進めます。
今年はJ1復帰を視野に入れて、選手、チームスタッフ、
フロントスタッフ、クラブに関わる全ての人間が“野心”を持ち、
ヴェルディファミリー一丸となって戦ってまいります。

東京ヴェルディは昨年、一時は3位につけて、最終節までプレーオフを争いました。
一昨年の残留争いから大きく飛躍し、若いチームはかけがえのない経験を積みました。
今年は、J1へ戻るための勝負のシーズンとなります。
このクラブの哲学が浸透した緑の心臓を持つ選手を中心に、
結果とチームの進化をともに追い求めていきます。

日テレ・ベレーザは昨年、悲願のなでしこリーグ制覇を達成しました。
5年ぶりとなる女王の座の奪還は、決して楽な道のりではありませんでしたが、
レギュラシリーズ、エキサイティングシリーズともに優勝。
名実ともに日本女子サッカー界のトップであることを証明することができました。
今年はリオデジャネイロオリンピックを控えています。
多くの選手が日テレ・ベレーザの名を背負い、世界の檜舞台で躍動することで、
女子サッカー界を牽引するチームとしての責任を果たしたいと考えています。

またバレーボール、トライアスロン、フットサルといった
サッカー以外の競技の活動にもこれまで以上に力を注ぎ、
地域密着総合型スポーツクラブへの歩みを進めてまいります。

日頃から多大なるお力添えをいただいております、
パートナーの皆様、ホームタウンの皆様、サポーターの皆様、ボランティアの皆様、
ご協力をいただいているすべてのヴェルディファミリーの支えのもと、
若い力を存分に発揮して充実したシーズンにするべく、歩み出したいと思っております。
引き続き、皆様の温かいご支援、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

東京ヴェルディ1969フットボールクラブ株式会社
代表取締役社長
羽生英之