株式会社アカツキ
ATHLETA
株式会社ミロク情報サービス
日本瓦斯株式会社
BRI
株式会社イーグランド
株式会社グッドコムアセット

MATCH試合情報

2020明治安田生命J2リーグ 第29節 - モンテディオ山形 vs 東京ヴェルディ

マッチレポート

【試合展開】

今シーズン4度目の5連戦もラスト。2試合続けてスコアレスドローが続いているヴェルディは、ゴール奪取、勝ち点3奪取を目指して敵地に乗り込み、モンテディオ山形との一戦に臨んだ。

 

ドロー続きの流れを変えるべく、大きくメンバーに変更を加えたヴェルディ。負傷が癒えたマテウスが守護神の座に戻り、左サイドアタッカーに高橋祥平を起用。リベロには山本理仁が入り、フロントボランチは澤井直人と森田晃樹がコンビを組んだ。前線はフリーマンに端戸仁、右ワイドストライカーに井上潮音、左ワイドストライカーに新井瑞希を置く陣形を組んだ。

 

立ち上がりにリズムを掴んだのはヴェルディ。相手から奪ったボールを高い位置まで運び、山形を自陣ゴール前に押し込んで攻め手をうかがう。しかし、シュートまで持ち込めずにカウンターを受ける。6分、最終ラインの背後にロングボールを落とされ、フリーで抜け出される。マテウスが間合いを詰めるが、流し込んだボールはゴールに転がり込んだ。逆襲に出たいヴェルディだが、ビルドアップでミスが続き、思うように前線までボールを運ぶことができない。前線の動きが少なく、なかなかシュートへの筋道を作れず、サイドを変えて攻撃を組み立て直す場面が続く。すると32分、カウンターから押し込まれると、シュートブロックしたこぼれ球を思い切りよくミドルシュートで押し込まれ、ゴール右隅に流し込まれて2点目を失う。流れを変えたいヴェルディは41分に澤井に代えて小池を投入する。しかし、前半終了間際までリズムを掴むことができず、45+2分にもループパスで最終ライン後の背後をとられて3点のビハインドを追って試合を折り返した。

 

流れを変えたいヴェルディはハーフタイムに3枚の交代カードを切る。しかし、反撃に出たい後半もなかなかゴールへ向かう崩しができない。72分には端戸のポストプレーから小池が抜け出してゴール前に迫る場面を作るが、シュートはわずかに枠を捉え切れない。相手を揺さぶってスペースを使えるようになってきたが、なかなかフィニッシュに持ち込むことができない。80分にはペナルティエリア右角付近で崩されると、クロスボールをニアで詰められて4失点目。大久保嘉人の投入など最後まで試合を捨てずに戦い続けたが、歯車が噛み合わない流れが変わらずにタイムアップを迎えた。

 

今シーズン最多となる4失点。特に攻撃的なサッカーを標ぼうしているだけに、3試合続けてゴールが奪えていない現状が歯がゆい。今回の5連戦は、複数得点の試合もあれば、ゴールを奪えずに失点を重ねる試合もある、ふり幅の多い2週間になった。1週間のインターバルが入る次の5連戦で安定して勝ち点を積んでいくために、自分たちのスタイルと向き合い、磨き上げて可能な限り練度を高めていきたい。

続きを読む

監督コメント

永井 秀樹 監督

試合を振り返ってください。
非常に悔しい試合になりました。特に、前半に関しては我々のプランニング通りにはいかなかったところが、我々の反省でもあります。後半に関してだけを言えば、まずまずだったかなと思います。その辺の反省を踏まえて、また次に向けて改善していきたいと思います。 あとはもちろん、選手たちは一生懸命やってくれていますし、ひたむきにトライしてくれていますが、前半、特に試合の入りに関して立ち上がりに我々の時間があった中で、きちんとシュートまで行けない、すべてはゴールからの逆算という部分で我々自身の慢心と言いますか、緩さと言いますか、勝負に対するこだわりの部分。スタートの入りのところで強く行けなかったところが、問題だと思っています。その辺の部分を踏まえてあまり時間はないですが、改善していきたいと思います。90分を通してすべてが悪かったわけではないですが、もう一度基本に立ち返ると言いますか、自分たちで勝ちに行く姿勢だったりはセカンドボールに勝つか、負けるか、マイボールにできるかに繋がっていくと思いますが、特に前半はその辺に関して反省材料ですし、もう一度選手たちとしっかりと改善して次に向けて我々のサッカーができるようにしたいです。 そして、アウェイの山形の地までわざわざ来ていただき、最後まで我々のために力を送ってくれたファン・サポーターの方々に対して本当に申し訳ないと思っています。また、次にきちんと恩返しができるようなサッカーを選手たちとやりたいと思います。

これほど相手のプレスの第一波を越えられない試合は今季ほとんどなかったですが、先ほど話していたプランニングのズレというのはどの辺りにあったのでしょうか?
ポジショニングを含めて変化を付けながら、という狙いの部分で入りが少し上手くいかなかったです。

ダブルフリーマンを採用した布陣、前節からのメンバー変更の狙いを聞かせてください。
よりダブルフリーマンの(井上)潮音のところで中盤での優位性を作り出し、端戸仁選手に関してはもうひとつ前のところで中盤での少し仕事量を減らして、よりゴール前のスクエアゾーン、フィニッシュゾーンのところでの仕事量を増やしてもらいたいという狙いがありました。あとは我々の右サイドのところで少しスペースを空けながら、そこを使っていきたいという狙いがありました。なかなか準備期間が短い中で選手たちはトライはしてくれましたが、なかなか上手くいかなかったというのが正直なところです。

最終ラインの背後を取られる場面が多かったですが、その部分をどのように捉えていますか?
もちろん、ボールの出どころに対するプレスが弱かった。そこに繋がるセカンドボールの部分でほとんど負けていたことが悔しいです。その辺の反省はきちんとやらないといけないですし、当たり前ですがきちんと中を固めながらのチャレンジ&カバーのところの修正はきちんとやりたいと思います。

コメントを読む

選手コメント

DF6高橋 祥平

試合を振り返ってください。
今日は相手に主導権を握られたというか、自分たちのことをよく分析してきたのかはわかりませんが、相手の策にやられてしまったのかなと思います。

最終ラインの背後を取られる場面が多かったですが、その部分をどのように捉えていますか?
自分たちのラインが高いことは相手も分かっていたと思いますし、その中でも自分たちで修正していかなければならない場面だったと思います。今日はそれができなかったことを反省していきたいです。

これほど相手のプレスの第一波を越えられない試合は今季ほとんどなかったですが、やっていてどのように感じていましたか?
プレッシャーを感じることはなかったですが、自分たちの立ち位置やシンプルにプレーする部分を含めて距離感があまり良くなかったと感じています。

途中からマテウス選手のところで比較的長いボールを使う場面が増えましたが、あれはチームとしての狙いでしたか?
そういうわけではなかったですが、自分たちは空いているところを必ず見つけていくので、その中であれはマテウスの判断だったと思います。そのことが間違っていたわけではないですし、チームとしてビルドアップやどのようにハーフラインを越えていくか、という部分について相手が嵌めに来た時に自分たちのレパートリーを増やしていかないと、色んな嵌め方があると思いますし、今日は山形が良いプレス、嵌め方をしてきたと思うので、その策にやられてしまったという感じです。

コメントを読む

MF20井上 潮音

試合を振り返ってください。
入りは悪くなかったと思いますが、その中で自分たちのミスなどもあり、失点の仕方ももったいなかったと思います。それに前半のうちに3点目を取られたことが痛かったです。2点で抑えられていれば、可能性を残せたと思いますが、3点目が痛かったです。

最終ラインの背後を取られる場面が多かったですが、その部分をどのように捉えていますか?
自分たちのサイドバックの背後を狙ってきていましたが、スカウティングの段階ではあまり想定になかった相手の攻めに対して自分たちが少し戸惑ってしまいました。試合の中で上手く修正できなかった部分です。

プレスのかかり具合が試合を通して良くなかったように見えましたが。
自分たちのプランでは僕か(端戸)仁君のどちらかがセンターバックにプレスに行った際、もう一人がアンカーを消す形を取っていましたが、アンカーというか相手のボランチをフリーにさせてしまうことが多かったですし、自分たちのボランチも少し後ろに吸収され過ぎていたところもあり、そこは試合中に変えていく必要がありましたし、修正力が必要でした。

相手を片側に集めて一気に逆サイドに展開するボールの動かし方に関して相手の守備に読まれて引っ掛けられる場面が多かった印象ですが。
自分たちのやり方はどのチームも分かっていると思います。その中で自分たちがより相手を見ながら、自分たちで判断を変えられるようにこれからやっていきたいと思います。

コメントを読む

試合一覧へ