日本テレビ
セガサミーホールディングス株式会社
株式会社ミロク情報サービス
株式会社イーグランド
ATHLETA OFFICAL SITE
ゼビオグループ

MATCH試合情報

2021-22Yogibo WEリーグ 第7節 - 日テレ・東京ヴェルディベレーザ vs アルビレックス新潟レディース

マッチレポート

【試合展開】

前節、ホームで4-1と快勝したベレーザは、ホーム連戦で西が丘にアルビレックス新潟レディースを迎えた。

 

サブには怪我から戻った岩清水梓の名前があり、Yogibo WEリーグ初のメンバー入り。前線には遠藤純がスタメンで起用された。

 

立ち上がりはボールを保持することができず、ミスからカウンターを食らってゴール前できわどいシュートを打たれるシーンを作られる。思うように相手ゴール前に入っていけない中で、ワンチャンスが訪れる。12分、自陣右サイドで複数の選手が絡んでボールを動かして相手を引き付けると、木下桃香が大きく左サイドへ展開。大きく空いたスペースに北村菜々美が飛び出し、そのまま縦へと持ち出す。ペナルティエリアに侵入するタイミングでゴール前にクロスボールを入れると、飛び込んできた植木理子の前で相手DFがボールに触り、そのままゴールに流れ込んでオウンゴールで先制に成功した。32分にも左サイドを打開して北村がクロスボールを上げると、ファーサイドで小林里歌子がヘディングシュートを放つが、これは相手GKの正面。一方で36分には最終ラインのミスからゴール前にフリーで抜け出されると、1対1の場面で田中桃子が絶妙に間合いを詰めてシュートブロック。こぼれ球も村松が処理してピンチを凌いだ。

 

後半に入ると、攻撃のギアを上げたベレーザが新潟を自陣に押し込む展開。59分には右サイドを抜け出した山本柚月のクロスをニアで小林、ファーで北村が飛び込んで合わせるが、どちらもゴールには結びつかない。66分には右サイドからのコーナーキックでチャンスメイク。菅野奏音がゴール前に入れたのびるボールに小林がフリーで飛び込んでヘディングシュートを放つが、相手GKが好セーブ。こぼれ球をもう一度小林がプッシュしたが、これも相手GKの身体を張ったセーブに阻まれた。チャンスを作りながらなかなか決め切れない不穏な空気が流れる中、3度目の正直でエースが結果を出す。72分、3選手がワンタッチでトライアングルパスを回して相手をはがすと、小林が背負った相手DFを反転しながら外して右足で豪快なシュートをゴール左上へと流し込んで追加点を挙げた。

 

新潟に反撃の余地すら与えず押し込み続けるベレーザは、90分にも好機を創出。菅野がポスト直撃のシュートを放ち、そのこぼれ球を小林が詰めていたが、これは枠を捉え切れず。攻撃の時間を増やすことで自陣ゴールから相手を遠ざけ、前半の苦しい流れを攻撃姿勢で撥ね返して勝利を手に入れた。

続きを読む

監督コメント

竹本 一彦 監督

本日の試合の振り返ってください。
今日も勝ち点3を狙っての試合でした。新潟さんの序盤から全体の守備意識やプレスがきつく、自分たちの形を作るまで時間がかかりましたが、先制点が取れました。その意味では楽に、落ち着いてゲームができたのですが、我々がディフェンスラインを高くしている分、相手がカウンターを狙ったり、偶発的な相手にとって良いパスになってしまったり、そのあたりの対応もできて失点0ですけれども、運にも救われたかなという場面が多かったです。 後半、1-0でリードしていても相手が前線からプレスをかけてくるのは、想定していましたが、チャンスが来た時にやはりまだ点が取れなかったです。2点目を早く取れていればもっと早く楽な展開になったのかなと思います。点を取るのが少し遅かった印象があったので、逆にその分嬉しい2点目でした。 やはり全体的には、とるべきチャンスを決めることをチームの課題として磨いて、有意義なゲームを進めていきたいと思います。来ていただいている観客の皆さんに、今日は「惜しい」というところで沸いてもらっていましたが、今日の小林里歌子のゴラッソのような得点だったり、連携からのゴールなどを取って、もっと観客の皆さんにも沸いて喜んでいただけるような、また自分たちでも勝利を手繰り寄せるようなゴールが欲しいと思います。

コメントを読む

選手コメント

FW 10小林 里歌子

本日の試合を振り返ってください。
全体を振り返えると自分たちのミスが結構多くて、うまくいかなかった部分の方が多いかなという印象です。そこの質を高めていかないといけないと思います。

本日の得点シーンを振り返ってください。
自分がセンターフォワードになって裏を狙うことで空くスペースがあるなと感じていたので、うまくディフェンスラインとボランチの間で受けるシーンもありました。そこで寄せが緩かったので自分のところで前を向けて、コースが空いたのでしっかりとミートできました。思いきり振って狙い通りのコースに行ったので良かったです。

序盤からチャンスを作りながらも、あと一歩が遠い場面が続いていました。実際にプレーしていていかがでしたか。
前半は攻撃の質の部分でミスが多く、修正しなければいけないシーンはたくさんありました。自分自身も何点か決めれたところはあるので、もう1点、2点欲しかったです。

ハーフタイムにはどんな指示がありましたか。
とにかくゴールに向かう過程での質を高めるというのはハーフタイムに話がありました。もっと責任を持って戦おうと。

コメントを読む

GK 1田中 桃子

本日の試合を振り返ってください。
結果で見たら2-0で勝てて、無失点で終われたというのはよかったことだとは思います。ですが、内容の中では攻守ともに課題が残る試合だったかなと率直に思います。

前半から振り返って試合経過はいかがでしたでしょうか。
前半は早い時間帯に先制点が取れたという意味ではやりやすい展開ではありました。個人としても集中して守れたので、無失点で終われたという前半でした。チームとしては、試合を通してもそうですが、前半から積極的な部分であったり、攻撃の部分の課題はあったなと思います。 後半に関しては、チームとして守備も攻撃も継続して課題があって、個人的には背後の対応だったり、ビルドアップやクリアする場面で少しミスが増えてしまったというのは、印象に残っています。

前半36分のカウンターから道上選手との1対1をよく止めたなと思います。その場面を振り返ってください。
ミスからのシーンで結構難しいなと思ったのですが、相手が1個運んでくれた分、自分との間合いができたなと思いました。

今シーズンも中盤に差し掛かる中で2敗していますが、今節でリーグ2位に来ました。シーズン序盤を振り返ってみていかがでしょうか。
2試合落としていますが、少しずつ自分たちの課題や成果が見え始めて、自分たちのなかでもこれから何を突き詰めていかなければならないのか見えてきていると思っています。個人的にも同様に1試合1試合集中して戦えないとついていけないなと感じています。去年まで在籍していた大和シルフィードで試合をしていた時とは違って、今年ベレーザに戻ってきて、やはりレベルの違いは感じています。必死になってついていかないと、これから先おいていかれるなと。成長していかなければならないと感じています。

次節、マイナビ仙台レディースとの試合ですが、どのように臨みますか?
プレシーズンマッチで負けている相手なので、絶対に勝たないといけないですし、ベレーザは同じ相手に負けてはいけないチームだと思うので、まずは結果を求めていきたいです。その中でも攻守の課題が多いので、少しでも多く改善できるかどうかはチーム全体としてやっていかなければならないところだと思います。

コメントを読む

関連動画

試合一覧へ